ブログ内の商品は、お電話やメールでもご注文いただけます。

TEL 049−283−9151
e-mail info@horikoshi-shouten.com

2006年11月08日

東洋美人 羽州誉とスッポン

東洋美人 羽州誉とスッポン


愛山羽州誉.jpg


スッポンの写真はないです。
右側の写真は愛山です。

東洋美人の純米吟醸「羽州誉」うしゅうほまれ というのは
例によって米の名前です。山形の米です。十四代惣邑など


3,4の蔵元さんで使っています。さてどんな酒かというと
美味しいんですが、東洋美人の中では最も濃い酒って感じです。


香りもあまりなくて、酒っぽい酒です。春にこのお酒の生酒が
出ましたが、その時よりも火入れ、熟成されしっかり


濃くなった感じです。といってもこの酒だけで飲んでいると
あまり感じなくて、一緒に萬寿鏡の大吟醸原酒や都鶴の


純米大吟醸無濾過生原酒の2年モノを飲んだら、その2本が
軽々しく感じられて、羽州誉って濃いんだ、と思いました。


良くあるんですよ、こういうことって。他の酒と比べて
旨いのがわかった、みたいなこと。これが東洋美人の


凄さというか、いやらしさというか・・・。
この味わかりますっていう感じ。澄川杜氏はまったく
いやらしい人間でないですが。


結構ガツンときます、でも東洋美人だけに上品です。
美味しいです。


澄川杜氏に、羽州誉はどんな酒、って尋ねましたら
「くさい酒です」
って言っていましたが、濃いという意味?


ご覧のようにラべルもなしです。限定入荷です。
1.8gのみで¥4214です。飲む価値がある酒だと思います。


それで夕べ、これでスッポンを食べました。負けません。
相乗効果でどちらもより美味しいです。


しかしスッポンは旨いです。スッポンづくしでしたが
飽きないし、いつまでも旨い。ダイエット中の私には


良くない食事です。うちのスタッフ、20歳と26歳が
初めてのスッポンで最初はグロテスクでちょっと引き気味


だったのに、一口食べるやいなや、旨い旨いと感動して
食べ続けていました。こういった脂っこいものと喧嘩せずに、


美味しく飲めるのがこの羽州誉でした。
スッポンにBESTな日本酒です。








posted by 堀越洋一 at 12:13| Comment(38) | TrackBack(9) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

大吟醸お燗酒に720mlと150mlが登場

一昨年新発売された、黒龍のお燗専用酒「九頭龍」に
720mlと150ml
が登場しました。


九頭龍.jpg

写真は私の腕ではどうとっても旨く撮れないので
ラベルだけ載せました。


黒龍大吟醸 お燗専用酒 九頭龍
1.8リットル¥5250 720ミリ¥2625 150ミリ¥598
 です。


150ミリは先日ちょっとふれた明鏡止水や正雪、喜楽長などと
花山が発表したPASSION-15の1本です。


お燗酒で高価過ぎると思う方も多いと思いますが、
一杯500円くらいです。500円でこれだけのお酒を


堪能できたらいいと思います。九頭龍「お燗酒って
いうのはこのように美味しいんです。」
とお燗酒の美味しさを


教えてくれます。そんな酒です。湯煎用の「燗たのし」と
九頭龍で美味しさとお洒落な雰囲気を楽しんでください。




料理を食べながら、九頭龍を飲むと、幸せな気持ちになります。
posted by 堀越洋一 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

利き酒会の報告です。その1

すっかりサボってしまいました。
10月12日の花山利き酒会の報告をします。


DSCN0839.jpg


この写真はうちの明鏡止水の棚です。


今回の利き酒会では各社の酒質を見るだけでなく
以下の2点にも注目していました。


1.PASSION-15と名付けられた150mlの小瓶。黒龍、明鏡止水
 正雪はじめ11種類
あります。


2.新しい蔵のお酒。純米蔵です。
これらについては準備が出来次第、報告します。


各社のお酒の内容ですが、写真に載せたように、
明鏡止水が印象に残りました。


特に写真の左側のスタンダードの純米吟醸です。
これが良かったです。こんなに旨かったっけ。


と思うほど。秋の酒門の中汲みの純吟よりも今の
時点ではいいと思いました。これについては


中汲みの方が、山田錦使っているし、酒質がアップ
していったりして逆転もあり、なんでしょうが。


これについては蔵元に聞きましょうか?と言っても
先日まで当店に勤めていた蔵人M君も同意でした。


今まで「300円くらいの差なら是非中汲みを」と言って
売っていましたが、今なら純吟をどうぞ。って感じです。


明鏡止水のファンは多くいらっしゃって、旨いのは
知っていると言われそうですが、今、特に旨いです。







posted by 堀越洋一 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ボージョレヌーボー

ルイジャド、デュック、マルセルラピエールなど
おいしいワインだけをセレクトしました。

解禁日は11月16日
今年は航空便日本初上陸30周年の記念すべき年
各ドメーヌとも気合の入れ方が違います。

ご注文はTEL 049-283-9151
    FAX 049-289-2616
info@horikoshi-shouten.com

posted by 堀越良子 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

澤の花秋上がりの純米吟醸を。

澤の花です。今だかつて無い出来映えです。
澤の花秋.jpg

これは山田錦55%の純米吟醸ひやおろしです。
1.8g¥3045です。
もしあと210円安かったら

明鏡止水、東洋美人、醴泉雄山錦などとともに
一押しといった感じです。

そのくらい美味しいです。蔵の長男の伴野君とは
長い付き合いです。まだ蔵に入ったばかりの若干

25歳くらいでうちにお酒の紹介に来てくれました。
それから5,6年前のお付き合いです。その中では

ベストの酒だと思います。甘いようで辛く、
軽いようでしっかりしていて・・・。

美味しいですよ。


写真の右端の雨後の月ですが、これはリピート率
高いです。
どうしても雨後の月というと、林檎や洋梨系の

華やかな香りというイメージが強いんですが、
今回もその通りなんですが、口中で香るんですよ。

だからプンプンしなくて上品なんです。
良く売れる訳だ、と思いました。千本錦の純吟は

残りわずかです。山田錦と八反の方の純吟は
蔵に連絡したら、あと2ケース残っているということで

送ってもらいました。個人的には千本錦よりも好きです。
千本錦純米吟醸¥3150、山田錦&八反 純米吟醸原酒は

¥2835です。 
posted by 堀越洋一 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

いづつ生にごりワインとヌーボー

ご無沙汰しました。
ワインの季節です。
皆様おいしいワインを堪能していらっしゃいますか?

「いづつ生にごりワイン」のご予約の季節になりました。
今年もシュワッシュワッと楽しみましょう。

グレイス、タケダ、マルス、おたるなど
国産新酒が入荷しております。

「アンリ・マリオネフェア」開催中

そしてルロワ、デュック、マルセル・ラピエールなどなど・・・
ボージョレ・ヌーボーのご予約も開始しました。

posted by 堀越良子 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

麓井酒造からひやおろし2酒

山形県麓井酒造からひやおろし2酒はどちらも原酒。

DSCN0743.JPG


今年から新発売されたのが、うるち米のどまんなかで
造った生酛純米の生詰原酒です。1.8g¥2310。


麓井シリーズだけあって、しっかり辛く、やや濃い感じの
飲み応えある、キレのある純米酒です。

辛口の純米に徹していて、他に何もないところが
好感持てます。


輝ら星の如くは吟醸生詰め原酒。1.8g¥3077
こちらは試飲で人気がありました。

洋梨系の香りがそこそこあって、フルーティと言える。
しかし、ガツンと来る旨味も(アルコール度数?)あり、

キレもある、決して軽くなく上等に旨い酒です。

どちらも原酒です。原酒ならではの「薄めない良さ」

があります。だから10%くらい高いんですが。
そこを聞いてみたんですが、蔵の専務(?)

佐藤市郎氏は訳のわかんないこと言ってました。
彼にとって「ひやおろし生詰原酒」という言葉が

一つの言葉なんだそうです。理屈でなくて、決まりなんです。
2度目の入荷です。好評発売中。






posted by 堀越洋一 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

梅乃宿純米3酒

梅乃宿1web.jpg

梅乃宿から純米三酒が新登場!

どれもコストパーフォーマンスに優れたお酒です。
日本酒梅酒「鴬梅」の大ヒットで波に乗る蔵が

日本酒に本腰を入れてきました。
元々安くて、そこそこ(失礼)美味しかった蔵ですから

気合を入れて全国数十件の専門店用に造ってきたお酒は
飲む価値ありますよ。

梅乃宿 純米 温(おん)1. 8g\1995
お燗して旨いですが、冷でもイケル純米です。

純米で税込2000円を切るのは少ないですし、お燗酒ということで
結構いいかなと思います。

梅乃宿 純米辛口 辛(しん)1. 8g\2310
酒度+13の大辛口です。辛口の純米酒好きにはいいです。

個人的にはこれが一番好きです。よーく嗅いでみると
酢酸エチルと酢酸イソアミルを感じます。控えめですが、

かなり上等で好きな香りです。それが気に入って
始めたのですが。

梅乃宿 純米吟醸 吟(ぎん)1. 8g\2625
梅乃宿らしからぬフルーティなタイプです。

全量山田錦60%。これはりんごや洋梨の華やかな香り。
純米吟醸でこの味は、安いと思います。

吟、辛共に四合瓶もあります。
posted by 堀越洋一 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

明鏡止水のひやおろしがかなり旨いです。

明鏡止水 特吟ひやおろし 抜群の旨さです。

DSCN0952.jpg

当店のスタッフ4人で飲んでもこれが一番、という
くらい美味しかったです。相変わらず派手さはないの

ですが、金沢酵母にしては香りもありました。金沢酵母で
香ると派手でなくて上品できれいな香りです。

料理との相性もいいし、飲みながら「旨いなあ」って、
言いそうです。

実際に小仕込みできめ細かく醸していますが、規格も
大吟醸の山田錦50%精米です。旨い裏付は沢山あります。

1.8ℓ¥2940  720ml\1470
春には、同じ規格で酵母だけを地元長野のアルプス酵母に

した特吟も出ます。
当店の今までに入荷したひやおろしの番付でも

西の横綱にしました。この番付は今回人気です。必要な方は
メールしていただければメールで添付して送ります。


posted by 堀越洋一 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ひやおろし入荷開始!

ひやおろし1web.jpg




ひやおろし2web.jpg

ちょっと早い気もしますが、ひやおろしの入荷が
始まりました。


まずは、駿の本醸造と純米山田錦、そして久々に志太泉


駿の本醸造は個人的には最も好きな本醸造でして、アル添の
エタノールの香りが好きです。ってなんだそりゃ。


いかにも本醸造でアルコール加えてますっていう感じですが
旨いです。それのひやおろしになります。ちょっと熟成して


アル添の香りが消えてもっと旨いかもしれません。
純米の方は、何といっても安すぎませんか?


全量山田錦60%の純米酒ですよ。あくまでも純米に
拘りたいという方にはお薦めです。2000円以下で純米酒


の場合、そしてそれが全量山田錦を使っているなどと
いう場合、それだけで十分価値があると思うのです。


味は飲んでのお楽しみ、これで本当に旨かったら凄いぞ。
私は純米は飲んでいません。


さて、久々に仕入れました志太泉です。これは焼津酒米
研究会の山田錦
です。初亀さんも静岡県の高草山


(だったか?)かなんかの山田錦を使っていますが、
これも地元静岡の山田錦です。酵母も静岡の酵母を


使っています。静岡の酵母ですから派手ではないと思います。
ちょっと興味あります。1.8g¥2730です。


ぜひ、感想を聞かせてください。
ついでに、写真のすみっこにある様に、明鏡止水の甘酒


なぜか並べてしまいました。どうもリーチインでは
目立たないので。 900_ ¥750


砂糖、食塩等の添加物一切なし。米と米麹のみを用いた
純正あま酒、アルコールも含まれません。甘くても、


スッキリして美味しいですよ。お子様にもどうぞ。
甘酒というと、一般には、清酒を造ったときに出る酒粕、


これを溶かして砂糖で味付ける、というものを想像します
が、これは違います。というより、これが本当の甘酒です。


そして甘酒って、夏の季語なんです。
葡萄糖液で全てのビタミンたっぷり、これほど栄養価の


高い飲み物は類がなく、現在存在するもので、甘酒に
似た成分のものはなんと、「点滴」だそうです。


昔の人はそれをわかっていて、夏にあま酒を飲んで
夏バテを防いだのです。ですから夏の季語なんです。


夏バテの方はお試しください。











posted by 堀越洋一 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。